HOME > プレスリリース > ベックマン・コールター セルソーターのフラッグシップモデルをリニューアル ハイエンドハイスピードセルソーター MoFlo Astrios EQ 発売

新製品のご案内

2014年2月12日

ベックマン・コールター
セルソーターのフラッグシップモデルをリニューアル
ハイエンドハイスピードセルソーター MoFlo Astrios EQ 発売
〜世界初の細胞径0.2μmからの検出感度を実現〜

ベックマン・コールター株式会社(本社東京都 代表取締役社長:川田典昭)は、「ハイエンドハイスピードセルソーター MoFlo Astrios EQ」を2014年2月20日より発売します。
セルソーターは、抗体医薬品開発などをはじめ、ライフサイエンス研究の効率化のために必要不可欠なツールとなっています。2010年に発売した従来機種「MoFlo Astrios」は、セルソーターの最高級機種として国内外の研究機関・大学・企業などで採用されてきました。
MoFlo Astrios EQ」は、「MoFlo Astrios」でも定評のある世界最速の7万個/秒の細胞分取、同時最大7レーザーによるマルチパラメーターのデータ取得などの基本性能はそのままに、世界初の細胞径0.2μmからの検出感度を実現しました。また操作性の良さを継承しつつ、使いやすさをさらに追及し、ラボワークのヒューマンエラーの低減と効率アップを両立します。

※2014年2月12日現在自社調べ

特長

世界初の細胞径0.2μmの検出を可能にする高感度前方散乱光(eFSC)

  • 細胞径0.2〜30μmのダイナミックレンジで同時測定可能
  • アプリケーションに対応して前方散乱光マスク変更可能

最大検出器数 51PMT

最大7レーザー7ピンホール

  • 355nm、488nm、561nm、642nm、405nm、532nm、592nmから選択可能

ソーティング速度 秒間7万個

  • 純度99%以上

同時6方向ソーティング、1536プレートソーティング

バイオハザード対策

  • JIS K 3800:2009対応 バイオセイフティキャビネット(オプション)
  • Aerosol Evaluationシステム(オプション)

Microfuge 20R(冷却モデル)
ハイエンドハイスピードセルソーター
MoFlo Astrios EQ

製品名 希望小売価格(税別) 発売日
ハイエンドハイスピードセルソーター
MoFlo Astrios EQ
¥67,650,000 から 2014年2月20日

主な仕様

性能
検出感度 前方散乱光 0.2〜30μm、
蛍光 FITC 125MESF以上、PE 110MESF以下
解析速度 100,000イベント / 秒
サンプル分取速度 70,000イベント / 秒
純度 99%以上
光学系
搭載レーザー
(波長/出力)
※7本まで選択搭載可能
355nm 空冷レーザー / 100mW、 488nm 空冷レーザー /200mW
561nm 空冷レーザー / 200mW、 642nm 空冷レーザー /100mW
405nm 空冷レーザー / 55mW、  532nm 空冷レーザー /150mW
592nm 空冷レーザー / 200mW
ピンホール数 7
検出器 前方散乱光:PMT×2個、側方散乱光:PMT、蛍光:PMT
PMT最大51ポジション
寸法 / 重量
本体 1,650(W)×770(D)×1,295(H)mm  567Kg
(重量は搭載レーザー数により異なります)
エアコンプレッサ 450(W)×665(D)×861(H)mm
ワークステシーョン 191(W)×457(D)×429(H)mm  10.5Kg
電源 100V 50 / 60Hz 8系統

 

ページトップ