HOME > プレスリリース > ベックマン・コールター 世界初※1の化学発光酵素免疫測定法によるproPSA測定試薬 アクセス ハイブリテック p2PSA(研究用試薬※2)発売

新製品のご案内

2014年4月22日

ベックマン・コールター
世界初※1の化学発光酵素免疫測定法によるproPSA測定試薬
アクセス ハイブリテック p2PSA(研究用試薬※2) 発売
〜前立腺がん検出のための新たな指標phiを開発〜

ベックマン・コールター株式会社(本社東京都 代表取締役社長:川田典昭)は、世界初の化学発光酵素免疫測定法によるproPSA測定試薬「アクセス ハイブリテック p2PSA」を、2014年5月1日(木)に発売します。
前立腺特異抗原(PSA)のうち、[-2]proPSAは最も前立腺がんに特異的であると報告されています1。「アクセス ハイブリテック p2PSA」は、血清中の [-2]proPSA 濃度を測定する研究用試薬です。

前立腺がん検出の指標phi(Prostate Health Index)について

「アクセス ハイブリテックp2PSA」は、「アクセス ハイブリテックPSA」 および「アクセス ハイブリテックfree PSA」と組み合わせて測定し、その結果からphi(Prostate Health Index)と呼ばれるインデックスを求めます。phiは、直腸診(DRE)で疑わしい所見のない50才以上の男性でPSAが 2〜10ng/mLの群において、PSAおよび%fPSA(F/T比;fPSA/PSA)単独と比較した場合、前立腺がん検出のための臨床的特異度において有意に向上した結果が得られたと報告されています2
phiはこれまでPSA値がグレーゾーンおよびグレーゾーンよりやや低値の領域において、より確実な検査結果を求めようとすれば、生検(前立腺針生検)に頼らざるを得なかったような症例においても活用でき、結果として不必要な生検を減らすことにも役立つ可能性があり、研究がすすめられています。

※1:2014年4月現在。自社調べ
※2:本製品は研究用試薬です。臨床診断に使用することはできません。

アクセス ハイブリテック p2PSA試薬パック
アクセス ハイブリテック p2PSA試薬パック

製品名 容量 発売日
アクセス ハイブリテック p2PSA 試薬パック 50テスト×2パック 2014年5月1日
アクセス ハイブリテック p2PSA キャリブレータ 7レベル×2.1mLx1 2014年5月1日
アクセス ハイブリテック p2PSA QCセット 3レベル×5.0mLx2 2014年5月1日

本製品は研究用試薬です。臨床診断に使用することはできません。


主な仕様

検体種 / 検体量 血清 / 50 μL
測定時間 約20分
測定範囲 0.50 〜 5,000 pg/mL
試薬安定性(開封後, 2〜10℃) 28日間
検量線安定性 28日間


アクセス試薬について

アクセス試薬は、ベックマン・コールター全自動化学発光酵素免疫分析装置「ユニセル DxI 800 システム」、「 ユニセル DxI 600 システム」、「Access 2イムノアッセイシステム」専用の試薬シリーズです。 腫瘍マーカー・性ホルモン・甲状腺などのほか、骨代謝・貧血・風疹等など特長のある幅広いラインアップをそろえています。

  • ユニセル DxI 800 システム
    ユニセル DxI 800 システム
  •  Access 2イムノアッセイシステム
    Access 2イムノアッセイシステム

参考文献

  • Mikolajczyk SD. Proenzyme forms of prostate-specific antigen in serum improve detection of prostate cancer.
    Clin Chem 2004 March;50:1017-1025
  • Catalona WJ, Partin AW, Sanda MG, et al. A multicenter study of [-2]pro-prostatespecific antigen combined with prostate-specific antigen and free prostate-specific antigen for prostate cancer detection in the 2.0 to 10.0 ng/mL prostate-specific antigen range. J Urology 2011 May;185:1650-55.

 

ページトップ