HOME > プレスリリース >自動輸血検査装置 BECKMAN COULTER PK7400を発売

プレスリリース

2020年11月

新製品のご案内

ベックマン・コールター
自動輸血検査装置 BECKMAN COULTER PK7400を発売
〜 操作性の向上を進め、日常の検査をさらに効率的に 〜

ベックマン・コールター株式会社(本社東京都 代表取締役 ダイアグノスティックス事業担当:ヤング・サイキョン)は、日本赤十字社血液センターや検査センターなどの検査室で使用される自動輸血検査装置の分野において、新製品「自動輸血検査装置 BECKMAN COULTER PK7400」を 2020年11月23日(月)に発売します。既にアジアでは先行発売されており、11月の日本での発売以降、順次、グローバルに発売していきます。

製品の概要

今回発売する「PK7400」は、全世界の血液センターの主力機として運用されている 「PK7300」の後継機です。

検査結果が直接人命につながる重要な輸血検査の分野では、正確かつ効率的に検査を行うことが求められています。当社ではこれらのニーズに応えるべく、輸血検査の完全自動化を目指して1976年より自動輸血検査装置「PKシリーズ」を開発・発売してまいりました。「PKシリーズ」は大量の輸血検査を高速かつ、安価に実施することができるため、国内はもとより海外においても非常に高い評価を得ています。

検査室での日常の検査ワークフローを意識し、タッチパネル式のワイドな操作画面では最小限の操作回数で快適な操作を実現しているほか、さらにオンラインサポート「PROService」を使用することで、強力にお客様をバックアップすることが可能となり、これまでにない高い信頼性と操作性・簡便性を体感いただける自動輸血検査装置です。

主な特長

  • 1.さらにつかいやすく(ユーザビリティの向上)
  • 2.24インチのワイドな新画面
  • 3.高解像度カラーCCDカメラによる画像判定
  • 4.消耗品のさらなる改善
  • 5.オンラインサポート「PROService」への対応

仕様

装置構成 アナライザ/データ処理部(パソコン、モニタ、プリンタ)
分析法 ベックマン・コールターマイクロプレート法(静置凝集法)
同時分析項目数 12項目
処理能力 300検体/時
オンラインサポート PROService対応

製造販売届出番号:13B3X00190000058 一般医療機器(特定保守管理医療機器、設置管理医療機器)


国内発売日

2020年11月23日(月)


製品写真

PK7400
PK7400


ベックマン・コールターについて

ベックマン・コールター(Beckman Coulter, Inc.)は米国カリフォルニア州を本拠地とし、バイオメディカル関連製品の開発・製造・販売・技術サービスを、日本(ベックマン・コールター株式会社)を含め世界各国で展開しているグローバル企業です。25万台を超えるベックマン・コールター製品が世界中の研究機関・医療機関で利用されており、科学技術発展及び患者さまの健康増進に貢献しています。

【本件に関するお問合せ先】

報道関係の方:  ベックマン・コールター株式会社 コーポレート コミュニケーションズ 石井 康子
Email:yishii@beckman.com



© 2020 Beckman Coulter, Inc. All rights reserved.
Access、Beckman CoulterおよびBeckman Coulterロゴは、Beckman Coulter, Inc.の登録商標です。

MAPSS-DX-202010-025

ページトップ