HOME > 臨床検査分野 > 検査品質向上のためのソリューション > Brush Up Study

Brush Up StudyBrush Up Study


近年、JAB臨床検査室認定制度の認定取得施設が増加していることを鑑み、今回、世話人の方々からの賛同により、これまでに開催されたブラッシュアップセミナーの内容を一般公開し、認定施設におけるQMS活動の継続的改善のための一助となることを期待し、『Brush Up Study』を発行する運びとなりました。



Vol.3

Vol.3

5.1.6 力量評価
適切なトレーニング(教育・訓練)の後,検査室は,確立された基準に従って,割り当てられた管理上及び技術上のタスク(課題,任務又は職務)の遂行に対する各要員の力量を評価しなければならない。

≫ 続きはこちら

Vol.3

Vol.2

Vol.2

4.14.6 レビュー活動リスクマネジメント
検査室は、患者の安全に影響を及ぼす作業プロセスならび検査結果の潜在的な欠陥の影響を評価しなければならない。認識されたリスクを低減、又は除去するためにプロセスを改良し、決定事項と講じた処置を文書化しなければならない。

≫ 続きはこちら

Vol.2


バックナンバー

 

Vol.1

2017年9月14日掲載

記事ページへ





 

ページトップ