HOME > 臨床検査分野 > UniCel DxH シリーズ Case Letter

clUniCel DxH シリーズ「Case Letter」

症例「Case Letter」を2018年1月より定期的に発行します。
データ提供ご施設の倫理承認済み症例を用いて、DxHシリーズの解析結果(数値、ヒストグラム、スキャッタープロット、RUO、CPD)と共に、形態的特徴を掲載していきます。

Vol.6

成熟B細胞性腫瘍 B-CLLnew!

Vol.6は他院の血液検査で白血球増多を認め、白血病疑いで紹介受診。

≫ 続きはこちら

成熟B細胞性腫瘍 B-CLL

Vol.5

急性単球性白血病 AML M5b

Vol.5は2012年他院にてAML M5bと診断され化学療法にて寛解。その後、HLA一致ドナーによる移植を施行され生着するが、7ヶ月後に末梢血にて再発が確認された。

≫ 続きはこちら

急性単球性白血病 AML M5b

バックナンバー

DxH シリーズの特徴

Vol.4

UniCel DxH シリーズの特徴

2018年3月14日掲載

記事ページへ

DxH シリーズの特徴

Vol.3

UniCel DxH シリーズの特徴

2018年2月13日掲載

記事ページへ

DxH シリーズの特徴

Vol.2

UniCel DxH シリーズの特徴

2018年1月16日掲載

記事ページへ

DxH シリーズの特徴

Vol.1

UniCel DxH シリーズの特徴

2018年1月16日掲載

記事ページへ





 

ページトップ