HOME > 臨床検査分野 > UniCel DxH シリーズ Case Letter

clUniCel DxH シリーズ「Case Letter」

症例「Case Letter」を2018年1月より定期的に発行しています。
データ提供ご施設の倫理承認済み症例を用いて、DxHシリーズの解析結果(数値、ヒストグラム、スキャッタープロット、RUO、CPD)と共に、形態的特徴を掲載していきます。

Vol.8

急性赤白血病 AML M6

Vol.8は当院の腎臓内科通院中、血液検査で汎血球減少を認めたため、血液内科を紹介受診となる。

≫ 続きはこちら

急性赤白血病

Vol.7

慢性骨髄性白血病

Vol.7は白血球増加のため、代謝内科より対診となる。

≫ 続きはこちら

慢性骨髄性白血病

バックナンバー

成熟B細胞性腫瘍 B-CLL

Vol.6

成熟B細胞性腫瘍 B-CLL

2018年7月12日掲載

記事ページへ

急性単球性白血病 AML M5b

Vol.5

急性単球性白血病 AML M5b

2018年4月11日掲載

記事ページへ

BCR-ABL1 を伴うB-ALL

Vol.4

BCR-ABL1 を伴うB-ALL

2018年3月14日掲載

記事ページへ

PML-RARAを伴った急性前骨髄球性白血病

Vol.3

PML-RARAを伴った急性前骨髄球性白血病

2018年2月13日掲載

記事ページへ

急性骨髄性白血病 AML:M1

Vol.2

急性骨髄性白血病 AML:M1

2018年1月16日掲載

記事ページへ

DxH シリーズの特徴

Vol.1

UniCel DxH シリーズの特徴

2018年1月16日掲載

記事ページへ





 

ページトップ