HOME > 学会・展示会・セミナー案内 > ユー・メディコセミナー「バイオ医薬品の品質管理、安定性評価法についての概要と最新動向」 報告

ユー・メディコセミナー
「バイオ医薬品の品質管理、安定性評価法についての概要と
最新動向」 報告

タンパク製剤凝集の検証に詳しいDr. Carpenterをスピーカーに迎えたユー・メディコ社主催のセミナー・展示会に出展しました。 米国FDAではタンパク製剤の凝集による免疫原性のリスクを重く見て、タンパク製剤中の凝集体の検証が厳しくなっています。 Dr. Carpenterは複数の粒子測定装置を利点を生かし、様々な視点から凝集体の検出を行っていることを知らせていただきました。 展示コーナーでは、Dr. Carpenterが現在使用している機器の有用性を詳細に説明くださり、ベックマン・コールター展示ブース前においても参加者の方と活発な討議がありました。 今回展示した分析用超遠心機システムXL-I精密粒度分布測定装置Multisizer4は、先生が研究に使用される中で凝集解析には欠かせない機器だとご説明いただきました。

べックマン・コールターコーナー

【大阪会場】
  • 日         時
    • 2013年
    • 7月
    • 23日(火)
    Dr.ジョン・カーペンター(コロラド大学薬学部教授)講演会 16:00〜17:15
    機器メーカーによるワークショップ(展示会) 17:30〜19:00

  • 会         場
  • 梅田阪急ビルオフィスタワー 26階会議室  MAP
  • 展 示 製 品
  • バイオ医薬品の品質管理に欠かせない、分析用超遠心システムをご紹介します。
    - 分析用超遠心システム ProteomeLab XL-I (光学系モックアップ展示)
【東京会場】
  • 日         時
    • 2013年
    • 7月
    • 26日(金)
    Dr.ジョン・カーペンター(コロラド大学薬学部教授)講演会 9:3010:45
    機器メーカーによるワークショップ(展示会) 11:3013:00

  • 会         場
  • 東京国際フォーラム ガラス棟 502  MAP
  • 展 示 製 品
  • バイオ医薬品の品質管理に欠かせない、分析用超遠心システムをご紹介します。
    - 分析用超遠心システム ProteomeLab XL-I (光学系モックアップ展示)

ページトップ