HOME > 学会・展示会・セミナー案内 > 平成25年度 日臨技中四国支部医学検査学会(第46回) 報告

平成25年度
日臨技中四国支部医学検査学会(第46回) 報告

会場

今年は広島国際会議場にて、雨が断続的に降る天候のなか開催されました。
弊社ランチョンセミナーでは、「共有基準範囲の設定について〜免疫検査の基準範囲の設定の可能性〜」と題して竹岡啓子先生(大阪大学医学部附属病院)にご講演いただきました。
140名の方にご参加を頂き、熱心に聴講して下さる方がとても多く、会場は熱気で溢れておりました。
質疑応答も米田登志男先生(広島赤十字・原爆病院)を中心として活発に行われ、共用基準範囲についての関心の高まりを感じることができました。
今後も学術的な講演企画を行ってまいりたいと思いますので、ぜひともご参加ください。

演者 竹岡啓子先生開演前から満席の会場活発な質疑応答座長 米田登志男先生

  • 日       時
    • 2013年
    • 11月
    • 10日(日)
    • 12:15〜13:15

  • 会       場
  • 広島国際会議場 コスモス1  MAP
  • 演       題
  • 「共用基準範囲」の設定について 〜 免疫検査の基準範囲の設定の可能性 〜
  • 演       者
  • 竹岡 啓子 先生
    大阪大学医学部附属病院 医療技術部 検査部門 臨床化学部門 主任
  • 座       長
  • 米田 登志男 先生
    広島赤十字・原爆病院 検査部 生化学・免疫血清検査課長
  • せ ミ ナー
    内       容
  • 近年の臨床検査標準化を受け基準範囲共有化のニーズが高まっている。その中、市原らはアジア国際研究を、企画実施した。結果、国内では地域差が無く基準範囲を共有できることが判明した。この結論を受け、他の基準範囲に関する研究とのデータ統合により、日本臨床検査標準化協議会(JCCLS) 基準範囲共用化委員会から生化学32項目、血液8項目から成る「共用基準範囲」が発表される予定である。しかし、アジア国際研究では、95項目の測定を実施しており「共用基準範囲」に研究対象項目すべてが反映されていない。よって当セミナーでは、「共用基準範囲」に含まれていない免疫項目、当院で採用している項目での基準範囲の妥当性について述べる(抄録より抜粋)。



ページトップ