HOME > 学会・展示会・セミナー案内 > 第36回日本分子生物学会年会 附設展示会の報告

第36回日本分子生物学会年会 附設展示会の報告

分注機とプレートリーダーのコラボレーション展示 ハンドリングロボットSCARAでプレート搬送を実演! 新製品Microfuge 20Rなど遠心機ランアップ

暖かい日差しの中、神戸ポートアイランドにおいて第36回日本分子生物学会年会附設展示会が開催されました。新製品微量高速遠心機Microfuge20Rをはじめ、遠心機ラインアップ、フローサイトメトリー抗体試薬、そして初の試みである自動分注装置とモレキュラーデバイス社の新製品SpectraMax i3をインテグレーションさせた「サンプル調製から検出までの全自動化ソリューション」をご提案しました。
また、次世代フロア型超遠心機Optima XPNシリーズのタブレット端末によるリモートコントロールの実演もご覧いただきました。Microfuge20Rはコンパクトで、リーズナブルな価格帯である点で非常に好評で、全自動化ソリューションでは思わず足を止めて自動化の動きに見入って熱心にご質問をいただくお客様が大勢いらっしゃいました。

今年で2回目になるベックマン・コールター、エービー・サイエックス、モレキュラーデバイス、ライカマイクロシステムズのダナハーグループ4社合同スタンプラリーも多くのお客様にご参加いただき、4社が同じグループ会社であることを認知していただきました。

本当に多くのお客様にベックマン・コールターブースへお立ち寄りいただきまして誠にありがとうございました。


【 第36回日本分子生物学会年会 附設展示会 】
  • 【 日    時 】
  • 2013年12月3日(火)〜12月5日(木) 9:30〜17:00
  • 【 会    場 】
  • 神戸国際展示場 3号館 ブースNo.3083  MAP
  • 【 内    容 】
  • 新製品の微量高速冷却遠心機 Microfuge 20Rをはじめ、ベックマン遠心機のフルラインアップ、ラボラトリーオートメーション、フローサイトメーターや最新の抗体試薬等をご紹介します。モレキュラーデバイス社の最新プレートリーダーとのインテグレーションを実演いたします。
  • 【 展示製品 】
  • Microfuge 20R


ページトップ