HOME > 学会・展示会・セミナー案内 >ヘマトロジー講演会 in Osaka 2014 詳細

ヘマトロジー講演会 in Osaka 2014 詳細

ヘマトロジー講演会 in Osaka 2014
【日      時】 2014年3月29日(土)14:00~17:15(13:30受付開始)
【会      場】 毎日新聞ビル オーバルホール  MAP
大阪市北区梅田3-4-5 毎日新聞ビル 地下1F
【お問合わせ先】 TEL : 03-6745-4704 / 0120-566-730
E-mail : bckk_seminar@beckman.com
【お申し込み
   締切日】
2014327日(木)
【お申し込み】 満員御礼  お申し込み受付は終了致しました。ありがとうございました。
【お知らせ】

昨年(ヘマトロジー講演会 in Osaka 2013)の様子はこちら!

内容紹介

【講演】

 

【第1部】 ベックマン・コールター ユーザー発表

ユニセルDxH800の新リサーチ項目の有用性』
−自動血球計数装置の限界と新たな展開−

【 演 者 】
山口 直子 先生
奈良県立医科大学附属病院 中央臨床検査部


ユニセルDxI800による貧血関連マーカーの測定について』

【 演 者 】
増田 詩織 先生
近畿大学医学部附属病院 中央臨床検査部



【第2部】 スライド・カンファレンス

【 演 者 】
中藤 裕子 先生
大阪赤十字病院 臨床検査科部

【 演 者 】
塩崎 尚子 先生
松下記念病院 中央臨床検査部


【特別講演】

『慢性骨髄性白血病治療の現状と今後の展望』

【 演 者 】
松村 到 先生
近畿大学医学部 血液・膠原病内科 主任教授

【 座 長 】
村瀬 幸生 先生
松下記念病院 中央臨床検査部 副技師長

<ヘマトロジー講演会に向けてのメッセージ:松村先生>
慢性骨髄性白血病(CML) の治療成績は、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)のイマチニブの登場により画期的に改善した。さらに、イマチニブ抵抗性例や不耐容例のために第二世代TKIのニロチニブ、ダサチニブが開発されている。これらのTKI投与により微小残存病変の検出できない深い寛解を達成・持続した症例の一部はTKI中止後も無再発を維持する。本講演ではCML治療の現状と今後の展望について紹介したい。



ページトップ