HOME > 学会・展示会・セミナー案内 > 第5回スクリーニング学研究会 報告

第5回スクリーニング学研究会 報告

第5回スクリーニング学研究会では、ベックマン・コールターとナニオン・テクノロジーズ社との共同開発品、オートパッチクランプシステムSyncroPatch 384/768PEの展示とランチョンセミナーを行いました。
ランチョンセミナーでは、現時点で世界最速のオートパッチクランプシステムの優れた機能を、ナニオン・テクノロジーズ社の Tom A. Goetze氏からご紹介頂き、さらに実際に使用されている大日本住友製薬株式会社の西巻拓也様からは、データを交えたご発表を頂きました。製薬企業の研究者の方々を中心に、多くの方にご来訪いただき誠にありがとうございました。
(残念ですが、写真は会場撮影禁止でした)

第5回スクリーニング学研究会 展示会
【会       期】 2014年11月28日(金)
【会       場】 タワーホール船堀   MAP
【内       容】 ベックマン・コールターとナニオン・テクノロジーズとの共同開発のオートパッチクランプシステムSyncroPatch 384/768PEの展示及びランチョンセミナーを実施します。
SyncroPatch 384/768PEは、ベックマン・コールターのラボラトリーオートメーションシステムBiomek FXPに、ナニオン・テクノロジーズのオートパッチクランプモジュールSyncroPatchを融合させたシステムであり、世界最速768チャンネル同時測定可能なオートパッチクランプシステムです。
ランチョンセミナーではSyncroPatch 384/768PEの概要のご説明と、ユーザーからの実際の使用例の紹介も行います。奮ってご参加ください。


第5回スクリーニング学研究会 ランチョンセミナー
【日     時】 2014年11月28日(金)  12:20〜13:20
【会     場】 タワーホール船堀   MAP
【演     題】 SyncroPatch 384/768PEによる
ハイスループット・オートパッチクランプ・スクリーニング・システム



ページトップ