HOME > 学会・展示会・セミナー案内 >第14回国際バイオテクノロジー展 BIO tech 2015 報告

第14回国際バイオテクノロジー展
BIO tech 2015 報告

第14回国際バイオテクノロジー展 BIO tech 20155月13日から15日にかけて東京ビックサイトにてBIOtech2015が開催されました。
好天にも恵まれ、3日間合計で10,000名を超える参加者でにぎわいました。
ベックマン・コールターでは、ナニオン・テクノロジーと共同で出展を行い、新しいコンセプトのオートパッチクランプシステムSyncroPatch 384/768PEの展示を行いました。
ハイスループットスクリーニングに対応したシステムのため、イオンチャネル創薬やhERG試験の多サンプル化を検討されている製薬企業の研究者の方々を中心として、多くのお客様にブースにお立ち寄り頂き、大盛況で終えることができました。心より御礼申し上げます。

第14回国際バイオテクノロジー展 BIO tech 2015
【日      時】 2015年   5月13日(水)〜15日(金)
【会      場】 東京ビッグサイト  MAP
【内      容

ベックマン・コールターとナニオン・テクノロジーズ社との共同開発のオートパッチクランプシステムSyncroPatch 384/768PEを展示します。
SyncroPatch 384/768PEは、ベックマン・コールターのラボラトリーオートメーションシステムBiomek FXPに、ナニオン・テクノロジーズのオートパッチクランプモジュールSyncroPatchを融合させたシステムであり、768チャンネル同時測定可能なハイスピードなオートパッチクランプシステムです。
化合物の調製からアッセイ、さらに再測定が必要な化合部を自動でピッキングして再アッセイするまでの全自動化。スクリーニング規模に合わせて32chごとに測定が可能など、オートパッチクランプ装置初のラボラトリーオートメーション完全対応のシステムです。
是非会場にお越しください。


Biomek FXP



ページトップ