HOME > 学会・展示会・セミナー案内 >GeneXpertセミナー2018 東京 報告

GeneXpertセミナー2018 東京 報告

2018年3月17日、東京のTKPガーデンシティPREMIUM京橋にて、表記セミナーを開催いたしました。
本セミナーでは、東邦大学医学部教授の舘田一博先生、愛知医科大学大学院 教授 三鴨廣繁先生、長崎大学大学院 教授 蛹エ克紀先生の3名の先生が世話人となり、122名の先生方にご参加をいただき、盛況に行われました。
セミナー前半では、三鴨先生を始め5名の先生よりGeneXpertの実臨床における遺伝子検査法の有用性に関する一般演題5報をご紹介いただき、後半では、蛹エ先生より学会による遺伝子検査への取り組みについて、また舘田先生からは進化するMRSAの今後についてと2つの特別講演をご発表いただきました。
今回のセミナーを通して遺伝子検査への高い関心と臨床現場における有用性を共有していただけました。

東邦大学医学部 舘田 一博 先生愛知医科大学大学院 三鴨 廣繁 先生長崎大学大学院 柳原 勝則 先生

【GeneXpertセミナー2018 東京】
【日      時】 2018年3月17日(土) 14:00〜17:45
【会      場】 TKPガーデンシティPREMIUM京橋  MAP
【世  話  人】 ベックマン・コールター株式会社
プログラム
  “GeneXpertの魅力(結核だけじゃない)”
13:00 開場(受付開始)
14:00〜14:05 開会 お礼とご挨拶 ベックマン・コールター株式会社
14:05〜14:15 GeneXpertの紹介 ベックマン・コールター株式会社
14:15〜16:05

シンポジウム 実臨床における遺伝子検査法の展開

【 司 会 】
三鴨 廣繁 先生(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学)
蛹エ 克紀 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野)


GeneXpert導入による抗酸菌検査体制の変化

【 演 者 】
目崎 和久 先生(国立国際医療研究センター病院 中央検査部門)

CDI診療における遺伝子検査の位置づけ

【 演 者 】
三鴨 廣繁 先生(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学)

ノロウイルス検査における遺伝子検査の重要性

【 演 者 】
品川 雅明 先生(札幌医科大学附属病院 検査部)

GeneXpertでみる薬剤耐性菌の現状

【 演 者 】
森永 芳智 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学)

遺伝子検査の普及により表現型による検査はどう変わるか?

【 演 者 】
坂梨 大輔 先生(愛知医科大学病院 感染制御部 検査室)

16:05〜16:15 コーヒーブレイク
16:15〜17:00

特別講演1

日本における遺伝子検査の学会としての取り組み

【 司 会 】
舘田 一博 先生(東邦大学医学部医学科 微生物・感染症学講座)
【 演 者 】
蛹エ 克紀 先生(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科病態解析・診断学分野)

17:00〜17:45

特別講演2

MRSA感染症に対する遺伝子診断の現状と方向性

【 司 会 】
三鴨 廣繁 先生(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学)
【 演 者 】
舘田 一博 先生(東邦大学医学部医学科 微生物・感染症学講座)

【主      催】 ベックマン・コールター株式会社


ページトップ