白血病タイピング検査概論


  1. はじめに
  2. スクリーニングから治療まで
  3. 測定方法
  4. ゲーティング法の紹介
    1. CD45ゲーティング
    2. CD3ゲーティング
    3. CD38とCD138ゲーティング
  5. パネルの紹介
  6. データの見方・考え方
  7. 白血病タイピングとマーカー
  8. 症例
    1. 症例1 AML:M1
    2. 症例2 AML:M2
    3. 症例3 AML:M3(APL)
    4. 症例4 AML:M4
    5. 症例5 AML:M5
    6. 症例6 ALL:L1
    7. 症例7 ALL:L3
  9. 課題

参考文献

著者 国際医療福祉大学教授 川合 陽子先生
著者 大阪医科大学付属病院 中央検査部 池本 敏行先生

関連するコンテンツであるFCM検査の基礎はこちら

FCM検査の基礎トップへ

これから先のページでは、医療関係者の方々を対象に医療機器・体外診断薬等の製品に関する情報を提供しております。当社製品を適正に使用していただくことを目的としており、一部の情報では専門的な用語を使用しております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

医療関係者の方は、次のページへお進みください。
(お手数ですが、「進む」ボタンのクリックをお願いします)