HOME > 血液検査コーナー > 「ネットで形態」 血液形態自習塾 > 第3部 > 4. 形態異常群と骨髄増殖性疾患

「ネットで形態」 血液形態自習塾 第3部
 造血器腫瘍の診断〜ソフトに関する戦略〜

T.骨髄異形成/増殖性疾患 MDS/MPD

MDS/MPDは初診時に併せもった単クローン性血液 疾患でPh、BCR-ABL(−)です。

@慢性骨髄性単球性白血病(CMML)持続的な単球増加症(1,000/μl以上)、芽球は20%以下、1系統以上に異形成あり.

A非定型性慢性骨髄性白血病(aCML)芽球は末梢血で5%未満、骨髄で20%未満、顆粒球系にのみ異形成強し.

B若年性骨髄単球性白血病(JMML)単球増加症(1,000/μl以上)、芽球は20%未満、HbFの増加、骨髄幹細胞のGM-CSFに対する感受性亢進(in vivoコロニー形成法)をみる.


@慢性骨髄単球性白血病(CMML)

A非定型性慢性骨髄性白血病(aCML)

B若年性骨髄単球性白血病(JMML)


≪前のページへ目次ページへ次のページへ≫

 

ページトップ