HOME > 血液検査コーナー > 「ネットで形態」 血液形態自習塾 > 第3部 > 4. 形態異常群と骨髄増殖性疾患

「ネットで形態」 血液形態自習塾 第3部
 造血器腫瘍の診断〜ソフトに関する戦略〜

赤芽球系の異形成 (骨髄のFe染色所見から)

IWG(2005)によれば赤芽球は環状鉄芽球の増加に異形成のポイントが高いようです.


核の周囲を5個以上鉄顆粒が取り囲む環状鉄芽球が15%(総赤芽球中;矢印)以上認めるもの.

MDSでは鉄の利用能の悪さからマクロファージが鉄顆粒を貪食するシーンがよくみられる.

正常にみられる担鉄芽球(U型)と担鉄赤血球である.


≪前のページへ目次ページへ次のページへ≫

 

ページトップ