HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

「ネットで形態!」マンスリー形態マガジン形態コンシェルジェ 阿南健一

第72回 「マンスリー形態マガジン」 2017年4月号

『古代日本の海外初防衛策、それは鞠智(きくち)城』

前 略

 ときは7世紀後半(約1,300年前)、645年中大兄皇子(なかのおおえのおうじ:後の天智天皇)・中臣(藤原)鎌足らが蘇我氏を打倒し古代政治史上の一大改革「大化の改新」がなされた頃、東アジアの政治的情勢は緊張していた。中国では663年朝鮮半島の「白村江(はくすきのえ)の戦い」で百済・高句麗と唐・新羅の連合軍が戦闘開始、百済と友好国であった日本は百済に援軍を送ったが連合軍に敗北した。事態は急変し、直接日本が戦いの舞台となる危険性が生じ、歴史上初の外敵からの脅威に大和政権が古代日本の防衛策として、北九州から瀬戸内海そして大和に至る要所に城を築いた。九州には大宰府(福岡県)を守るために筑紫に大野城・水城城(福岡県)、基肄城(佐賀県)、金田城(長崎県)、鞠智城(熊本県)が築城された。鞠智城はこれらの城に食糧や武器、兵士などを補給する支援基地であり、最も重要視されていた城の1つであった。
   鞠智城(熊本県山鹿市菊鹿町)は山城であり、滅亡した百済の亡命貴族の手助けもあり築城された。その後、貯水池跡から出没した銅像の菩薩立像や持仏などは百済貴族の遺品と言われ、百済との文化交流がうかがえる。これらに関する記録は日本書記に記載されているそうです。
   鞠智城はその後復元されていますが、広大な山地に建てられた山城は、360°大パノラマであちらこちらに土塁の防衛ラインが眼に引きます。なかでも圧巻なのが高さ15.8mの八角形鼓楼で、国内の古代山城では例をみないものとされ、4棟の八角形建物跡がみつかっています。八角形の特殊な形は、太鼓の音で時を知らせたり、見張りに役立つものであったと言われます。周囲には板倉、米倉、兵舎、研修施設なども設備されています。
   学生の頃、大化の改新の年号(645年)を “ムシゴメ 食う改新日”と覚えたことがありましたが、時はすでに中国と交流があったことに改めて勉強させられました。昨年の10月、熊本城の復興を願って熊本を訪れたとき、たまたま足を延ばした菊鹿町は「大化の改新」にタイムスリップしていたかのようでした。

(資料:熊本県立装飾古墳館分館、歴史読本.2015)

草々

形態マガジン号キャプテン 阿南 建一 





問題

問題 1
骨髄像の細胞同定を行なって下さい。

  •  
  • 拡大
  •  
  • 拡大
  •  
  • 拡大
  • BM-MG×1000
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大



問題 2
検査データと末梢血、骨髄像より考えられる疾患は何ですか。

【30-35歳.女性】
主訴:全身倦怠感
WBC73,400/μL、RBC218万/μL、Hb7.6g/dL、Ht22.0%、PLT2.5万/μL、NCC46.5万/μL
  • 拡大
  • PB-MG×400
  • 拡大
  • BM-MG×1000
  • 拡大
  • BM-PO×1000
  • 拡大
  • BM-Est×1000





今回のねらい

 今回は、骨髄像の細胞同定と症例の光顕的診断に挑みます。 細胞同定は、類似細胞の鑑別ポイントを明確にして同定を行ってください。今回は核のクロマチン構造の所見の捉え方に挑戦してみました。
   症例編は、末梢血、骨髄の形態所見に注意しながら行ってください。
   特殊染色は二法を提示していますが、その特性と反応態度を考えて光顕的診断を試みてください。今回も選択肢がありませんので、限られた情報を駆使しながら絞り込んでみてください。


■メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫



マンスリー形態マガジン一覧



「ネットで形態」第1弾 電脳・血液形態塾 「ネットで形態」第2弾 血液形態自習塾 「ネットで形態」第3弾 マンスリー形態マガジン


 

ページトップ