HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

「ネットで形態!」マンスリー形態マガジン形態コンシェルジェ 阿南健一

第69回 「マンスリー形態マガジン」 2017年1月号

『四季の庭園に日本画廊』

前 略

 新年明けましておめでとうございます。本年もマンスリーマガジンをどうぞよろしくお願いいたします。
   昨年の12月初旬、島根県安来市の『足立美術館』に行ってきました。昔から憧れの美術館でしたのでやや興奮気味で訪れましたが、興奮未だ冷めやらず‥といったところです。入園するやいなや枯山水の広大な華麗な庭園(5万坪)がお出迎えです。そして入館して窓越しからみる庭園は、松葉の緑に紅葉の名残が絶妙に調和し、まさしく絵画そのもので二重の感動に慕うことができます。本庭園は借景を見事に調和させたところも特徴で、そこには壮大な絵図が浮かび上がります。春は花々な咲き誇り、夏は緑鮮やかに、秋は紅葉が彩りを添え、冬は純白の雪が舞い、四季を味わえる庭園としても有名です。
   庭園の余韻に慕いながら、現代日本画の名作約1500点を収蔵した画廊に足を運びますと、まずは横山大観の作品が迎えてくれます。本美術館では横山大観の作品が130点と最も多く収蔵され、他に竹内栖凰、川合玉堂、 富岡鉄斎、榊原紫峰、上村松園など巨匠の作品が一堂に並びます。また、陶芸館には安来が生んだ陶芸家・河井寛次郎、稀代の料理人で陶芸家としても知られる北大路魯山人の作品も展示されています。
   ところで、本美術館は、地元出身の実業家、足立全康(あだちぜんこう.1899〜1990)氏が、1970年71歳の時に開館したそうです。質量とも日本一といわれる横山大観の作品は足立コレクションの柱となっています。庭園の手入れは、毎日午前8時より職員の方々が一斉に行い、木々の成長に伴い周囲とのバランスを考えて植栽がなされるため、常に同じ光景が観られるようになっています。
   検査のデータ管理もそうですが、日々の精度管理がここにも求められているようです。
   2015年の日本庭園ランキングでは、1位が足立美術館、2位が桂離宮(京都府)、3位が山本邸(東京都)、4位が養浩館庭園(福井県)、5位が御所西京都平安ホテル(京都府)で堂々の1位を占めています。
   本美術はフランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星(最高評価)を獲得し、また、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデイニング」の庭園ランキングでは13年連続一位に選ばれています。荘厳な庭園を窓越しに飲むコーヒーはまた格別で、皆さんも贅沢な安らぎを味わってみませんか。
   近隣には安来節(やすぎぶし)でおなじみの安来節演芸館、国宝松江城、少し足を延ばしますと鳥取県境港近郊にはゲゲの鬼太郎でおなじみの「水木しげる記念館」があります。

資料参照:安来市観光協会ガイドブック

草々

形態マガジン号キャプテン 阿南 建一 





問題

問題 1
骨髄の細胞同定を行ってください。



問題 2
検査データと末梢血、骨髄像より考えられる疾患は何ですか。

【10-15歳.女性】 
主訴:全身倦怠感、貧血
WBC3,800/μL、RBC162万/μL、Hb5.3g/dL、Ht15.8%、PLT1.5万/μL、NCC14.8万/μL(芽球優位)
  • 拡大
  • PB-MG×1000
  • 拡大
  • BM-MG×1000
  • 拡大
  • BM-MG×1000
  • 拡大
  • BM-SBB×1000





今回のねらい

 今回は、骨髄の細胞同定と症例の形態診断に挑みます。
細胞同定は、分化過程の習得と類似細胞との比較をしながら進めてください。
   症例編は、骨髄の芽球が優位の所見ですが、形態所見に診断づけるポイントがあるかも知れませんのでよく観察してください。
   特殊染色のSBBとはズダンブラックB染色のことです。現在は使用されていませんが、従来はPO染色と併用していたもので、その評価はPO染色と同様に考えてみてください。
   今回も選択肢がありませんので多くの情報から絞り込んでください。


■メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫



マンスリー形態マガジン一覧



「ネットで形態」第1弾 電脳・血液形態塾 「ネットで形態」第2弾 血液形態自習塾 「ネットで形態」第3弾 マンスリー形態マガジン


 

ページトップ