HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

「ネットで形態!」マンスリー形態マガジン形態コンシェルジェ 阿南健一

第99回 「マンスリー形態マガジン」 2019年7月号

『新元号「令和」ゆかりの地 太宰府』

   平成31年4月1日、政府は新元号を「令和」に決定し、5月1日午前0時 皇太子徳仁親王が第126代天皇に即位し、「平成」から「令和」に改元されました。新元号「令和」は、645年 「大化」から数えて248番目の元号になるそうです。「令和」の典拠は、約1300年前に日本最古の歌集「万葉集」に収められた「梅花の歌三十二首」の序文にある文言の「梅花の歌.序文」にある“初春の令月にして気叔く(きよく)風和ぎ梅は鏡前の粉を披き(きょうぜんのこをひらき)蘭は珮後の香を薫ず(はいごのこうをくんず)”から引用され、「人々が美しく心を寄せ合うなかで文化が生まれ育つ」という意味が込められています。
  この「梅花の宴」は、福岡県太宰府(だざいふ)市の「菅原道真公」をお祀りする太宰府天満宮に隣接する坂本八幡宮付近が「令和」ゆかりの地とされます。古都太宰府保存協会の資料によりますと、7世紀後半から12世紀前半にかけて地方最大の役所「太宰府」が設置され、727年頃 大伴旅人(おおとものたびと)が赴任しました。旅人は政治家のみならず、歌人としても優れた才能を持ち、山上憶良(やまのうえのおくら)と共に後世に沢山の歌を残しました。
  旅人の邸宅跡(諸説あり)ともいわれる「坂本八幡宮」付近には、旅人の万葉歌碑が11基があり、「坂本八幡宮」の境内には、“わが岡に さ男鹿来鳴く 初萩の 花嬬問ひに 来鳴くさ男鹿”と詠んだ歌碑があります。旅人は、大宰府に赴任してから妻に先立たれ、男鹿に自身の姿を重ねて見たのかもしれません。
  「大化」から1374年、新しい時代「令和」と共に歩めることを感謝し、日々を過ごしたいと思います。


妻を恋うる詩を詠んだ旅人の歌碑

形態マガジン号キャプテン 阿南 建一 





問題

問題 1
末梢血液像の同定を行なって下さい。

  •  
  • 拡大
  • PB-MG×1000
  • 拡大
  •  
  • 拡大
  •  
  • 拡大



問題 2
光顕的所見から臨床診断を考えて下さい。

【30歳代.男性】主訴:リンパ節腫大
WBC34,600/μL、RBC303万/μL、Hb11.4g/dL、Ht29.4%、PLT6.5万/μL、BM-NCC11.2万/μL
  • 拡大
  • PB-MG×400
  • 拡大
  • PB-MG×1000
  • 拡大
  • PB-MG×1000
  • 拡大
  • BM-MG×1000





今回のねらい

  今回は、細胞同定と症例検討を提示しました。
細胞編は、末梢血液像に遭遇する類似細胞を提示しました。
症例編は、リンパ系細胞の特徴的な形態を呈したものですが、その所見を捉え、末梢血ならびに骨髄像のMG染色から臨床診断を試みて下さい。


■メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫



マンスリー形態マガジン一覧



「ネットで形態」第4弾アーカイブはこちら >> 「ネットで形態」第1弾 電脳・血液形態塾 「ネットで形態」第2弾 血液形態自習塾 「ネットで形態」第3弾 マンスリー形態マガジン


 

ページトップ