HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

「ネットで形態!」マンスリー形態マガジン形態コンシェルジェ 阿南健一

第73回 「マンスリー形態マガジン」 2017年5月号

『維新150年‥』

 明治維新から来年(2018年)で150年を迎えるのに合わせ、日本の近代化の歩みを次世代に伝えるため、政府は「明治の日」の制定に向けて動くそうです。それに伴い各地ではすでに幕末維新をテーマに記念事業の取り組みがなされています。
九州の鹿児島では2018年放送予定のNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」にちなんで、すでに観光キャンペーンが展開されています。それに先駆け、4月5日〜7日に知覧、霧島、鹿児島を探索してきました。
   南九州市の知覧町は、太平洋戦争末期の沖縄戦において“神風特攻隊” という人類史上類のない作戦で闘い散った若者が飛び立った基地でもあります。1945年(昭和20年)3月26日から終戦(8月15日)の約5ヶ月間の死者は1,036名、その半数近くが知覧基地より出撃しています。知覧特攻平和会館の入り口には、戦闘機“ゼロ戦” や“ハヤブサ” が展示され、館内には隊員達の遺品や遺書が涙を誘います。
   霧島市は温泉郷でもあり、あの坂本龍馬とお龍さんが新婚旅行として訪れた塩浸(しおひたし)温泉や霧島神宮、犬飼滝(いぬかいのたき)などが有名です。慶応2年(1866年)1月23日(新暦3月9日)、京都伏見寺田屋事件で負傷した龍馬は湯治のため、薩摩藩士西郷隆盛の計らいにより霧島旅行が実現したようです。鹿児島には約3ヶ月滞在したと言われます。ちなみに西郷隆盛は日当山(ひなたやま)温泉を好んだようです。
   鹿児島が生んだ幕末の志士には、西郷隆盛、大久保利通、小松帯刀‥はあまりにも有名ですが、裏方に吉井友実(ともざね、後に幸輔)がいました。吉井は、以前より龍馬とも交友があり、龍馬と隆盛の仲介者と言われ、龍馬の霧島旅行の案内役でもあったそうです。それは「薩長同盟」(1866年3月7日)に大きく関与したことになります。また、京都の宿を転々とする龍馬の安否を気遣い、龍馬暗殺の数日前に京都薩摩藩に身を隠すように伝えに行くも留守にて会えず、結局、慶応3年(1867年)11月15日、龍馬は京都近江屋で33歳の誕生日に生涯を終えることになるのです。もしも吉井と再会できていれば新たな幕末を垣間見ることもできたかも知れません。龍馬や薩摩藩士らによって大政奉還(1867年10月)そして王政復古(1867年12月)と中央集権を巡る動きは、やがて天皇を中心とした明治政府(1868年〜1912年)の誕生を迎えることになります。
   日本全体が「維新150年」に染まる熱い日を迎えますが、幕末志士の熱き心を振り返るには絶好のチャンスではないでしょうか。

形態マガジン号キャプテン 阿南 建一 





問題

問題 1
骨髄像の細胞同定を行なって下さい。

  • 拡大
  • BM-MG.1000
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大



問題 2
検査データと末梢血、骨髄像より考えられる疾患は何ですか。

【50-55歳.男性】
主訴:発熱、倦怠感
WBC23,100/μL、RBC309万/μL、Hb9.8g/dL、Ht29.6%、PLT3.0万/μL、NCC8.9万/μL
  • 拡大
  • BM-MG×400
  • 拡大
  • BM-MG×1000
  • 拡大
  • BM-PO×1000
  • 拡大
  • BM-PAS×1000





今回のねらい

 今回は、骨髄像の細胞同定と症例の光顕的診断に挑みます。
細胞同定は、類似細胞の鑑別ポイントを明確にして同定を行なってください。
今回は核小体の所見の捉え方に挑戦してみました。
   症例編は、骨髄の形態所見に注意しながら行なってください。
特殊染色はPO染色とPAS染色を提示していますが、その反応態度を考えて光顕的診断を試みてください。今回も選択肢がありませんので限られた情報を駆使しながら絞り込んでみてください。


■メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫



マンスリー形態マガジン一覧



「ネットで形態」第1弾 電脳・血液形態塾 「ネットで形態」第2弾 血液形態自習塾 「ネットで形態」第3弾 マンスリー形態マガジン


 

ページトップ