HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

「ネットで形態!」マンスリー形態マガジン形態コンシェルジェ 阿南健一

第70回 「マンスリー形態マガジン」 2017年2月号

『大河、直虎の“おとわ” に注目』

前 略

 今年のNHK大河ドラマは「おんな城主直虎」です。
   昨年は過去5年間で最高の視聴率を上げた「真田丸」で人気を博しましたが、今回の『おんな城主直虎』は早々に幼少期を務めた“おとわ”の演技に惚れ込み、おんな城主直虎の一生を見届けようかなと思っております。
   時は戦国時代から安土桃山時代にかけて、今川義元の支配下にあった遠江井伊谷(静岡県浜名湖のあたり)の女性領主の話になります。脚本を手がけた森下佳子さんは、「年表を頂いた時、徳川、織田、武田の欄はビッシリなのに肝心の直虎の欄はスカスカで、どうするねん !」と思ったそうです。昔から歴史は作られるとも言われ、誰かが命じられて書いた部分もあり、多分に創作が入っていることはよく耳にすることです。そこで森下さんは、直虎を知っている人が少ないのなら、思い切って私が“この人すごい!”と思える物語を作れるのではないかと腹をくくられたそうです。
   第1〜4回までは武将たちの幼少期が放映されましたが、そもそも4回にわたることは珍しいそうです。これも子役らの演技に期待したものなのでしょうか。なかでも直虎の幼少期“おとわ” (ドラマのなかの仮名)役を演じた新井美羽ちゃん(10歳) に注目しました。脚本での“おとわ” は井伊家当主・井伊直盛の一人娘で、女の子とは思えぬ活発さで男まさりであったと紹介されています。美羽ちゃんの演じる“おとわ”は正しく活発で可愛いらしく明るい女の子のイメージで役柄にマッチしているようでした。“おとわ”のそばには亀之丞(後の井伊直親)、鶴丸(後の小野政次)らの子役らも名演技を披露してくれました。“おとわ”は亀之丞との縁組みがなされていたようですが、それもかなわぬこととなり、子供ながら許婚と結婚ができないのなら出家の道を選択し“次郎法師”という男性の名前が付けられました。尚、“次郎”とは井伊家を家督する者に与えられる称号だそうです。
   結局、直虎は生涯独身で城主として生きることになります。
   “おとわ”役に徹した美羽ちゃんの魅力は、馬を上手に乗りこなし、出家の際は実際に自分の髪を切り坊主に刈り上げたその勇気と役者魂にあります。何よりもあの“百万ドルの笑顔”に癒され、“おとわ”役は終わってしまいましたがこれからもファンの一人として注目していきたいと思います。
   おとわ、次郎法師を経た直虎はこれから険しい道を迎えていきますが、今度は直虎役の柴崎コウさんに期待したいところです。

参考資料:TVガイド.東京ニュース通信社.2017

草々

形態マガジン号キャプテン 阿南 建一 





問題

問題 1
骨髄の細胞同定を行なって下さい。



問題 2
検査データと末梢血、骨髄像より考えられる疾患は何ですか。

【5-10歳.男性】 
主訴:発熱、左関節痛
WBC2,200/μL、RBC221万/μL、Hb6.5g/dL、Ht21.4%、PLT3.7万/μL、NCC4.5万/μL
  • 拡大
  • PB-MG×1000
  • 拡大
  • BM-MG×1000
  • 拡大
  • BM-MG×1000
  • 拡大
  • BM-PAS×1000





今回のねらい

 今回は、骨髄の細胞同定と症例の形態診断に挑みます。
細胞同定は、分化過程と類似細胞に目を配りながら行なって下さい。
   症例編は、末梢血、骨髄の形態所見に注意しながら行なって下さい。
形態所見のポイントにPAS染色の判定を考慮しながら診断を進めて下さい。
今回も選択肢がありませんので多くの情報から絞り込んで下さい。


■メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫



マンスリー形態マガジン一覧



「ネットで形態」第1弾 電脳・血液形態塾 「ネットで形態」第2弾 血液形態自習塾 「ネットで形態」第3弾 マンスリー形態マガジン


 

ページトップ