HOME > 血液検査コーナー > 検査技師のための電脳・血液形態塾 > 形態コンシェルジュ

「ネットで形態」 形態コンシェルジュ

【ネットで形態 第1弾】
電脳・血液形態塾
ページへ
【ネットで形態 第2弾】
血液形態自習塾
ページへ
【ネットで形態 第3弾】
マンスリー形態マガジン
ページへ
【ネットで形態 第4弾】
マンスリー形態マガジン
ページへ

 

形態コンシェルジュ

骨髄にみられたホジキンリンパ腫細胞

元来、Conciergeとは、フランス語でアパートなどの管理人、番人の意でしたが、アメリカでは、コンシアージと発音し、ホテルでの総合的なインフォメーションの提供や手配などの利用者の要望に応えて、多彩で重要なサービスを担当する案内人のことです。 この度、電脳・血液形態塾、血液形態自習塾、マンスリー形態マガジンの案内役として、血液形態学の専門家である阿南建一先生に、血液形態学コンシェルジュをお願い致しました。

【略 歴】
1968.03 名古屋衛生技術短期大学(現.藤田保健衛生大学)卒
1968.04 古賀病院 検査室
1975.12 国立大阪病院 研究検査科
1978.04 国立舞鶴病院 研究検査科 主任
1979.08 国立病院九州がんセンター 臨床検査部 主任
1995.04 国立小倉病院 研究検査科 副技師長
1997.04 国立中津病院 研究検査科 技師長
2000.07 国立都城病院 研究検査科 技師長
2004.04 独立行政法人国立病院機構九州がんセンター
統括診療部臨床検査科 技師長
2008.04〜現在 国立病院機構 九州がんセンター 医用画像部
2010.04〜現在 福岡大学医学部 腫瘍・血液・感染症内科学 研究員(非常勤講師)
【免 許】
臨床検査技師(第18488号)
認定血液検査技師(第0014号)
二級臨床血液検査士(第9740A)
【活 動】
1982〜現在  大分臨床検査技師専門学校 非常勤講師 
1986〜1990  日本臨床衛生検査技師会血液検査研究班 全国委員 
1989〜1992  Medical Technology 編集委員 
1984〜2008 小児癌・白血病研究グループ(KYCCSG)主任研究員 
1989〜2008  小児癌・白血病研究グループ(CCLSG)主任研究員 
1987〜現在  博多シンポジウム企画委員代表 
2000〜現在  日本検査血液学会評議員
2004〜現在  日本検査血液学会理事 
2005〜2007  日本血液学会専門医・認定試験委員 
2009〜現在 九州大学医学部保健学科 非常勤講師
2010〜現在 倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科 非常勤講師
2011〜現在 日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)ALL形態中央診断部
【所属学会】
日本血液学会、日本臨床血液学会、日本臨床衛生検査技師会、日本検査血液学会
【表 彰】
小島三郎記念技術賞(2001)、日本臨床衛生検査技師会会長賞(2002)、
大韓血液輸血検査学会 学会功労賞(2007)
【海外講演】
大韓血液・輸血検査学会 特別講演(韓国.ソウル.2001)
中国遼寧省腫瑠病院 招待講演(中国.瀋陽.2005)
第1回韓国血液学セミナー講演・実習(韓国.テジョン.2008)

第1回韓国血液学セミナーに招聘される.第1回韓国血液学セミナーに招聘される.

韓国 MT-professor 22名との血液学セミナーが開催された
(Daejeon保健大学:2008.2.1〜2.2)

ソウル宗礼門 (南大門)現役最後の写真. 2008.2.3撮影ソウル宗礼門 (南大門)現役最後の写真. 2008.2.3撮影

朝鮮第1代王、太祖7年(1398)に創建され、第4代王、世宗により1448年改築された.

大韓血液・輸血検査学会より外国人として始めての”学術功労賞”を授賞する.大韓血液・輸血検査学会より外国人として始めての”学術功労賞”を授賞する.

第20回博多シンポジウム(福岡)にて親交の厚いByun Dae Hoon先生より授賞される. 2007.11.24


海外講演
第2回韓国・福岡血液学セミナーの開催

名称を、『Korea-Fukuoka Morphology forum of Hematology』に改め、8月8日(金)、9日(土)九州がんセンターで開催した。
この名称から両国を短縮しますと、Ko-Fuku (幸福) になり縁起のよいネーミングとなりました。
韓国より代表としてByun, Dae-Hoon先生、通訳にKim,Byung-Sung氏、韓国保健大学の教授13名が参加され、講演、鏡検実習に活発な意見交換が行われ交流がさらに深まりました。結局、来年3月頃、今度は私が再び韓国(ソウル)へ招聘され研修会を開催することになりましたので親睦を深めて参ります。
(韓国より参加された15名の教授と世話人による終了式. 2008.8.9)

海外講演 第2回韓国・福岡血液学セミナーの開催


【主な著書】
「小児がんの病態と治療」  藤本猛男ほか 〔共執〕 癌と化学療法社.1986
 
「血液形態観察のすすめ方」  西 国広ほか 〔共執〕 近代出版.1987
「カラーアトラス“血球Q&A”」  柴田 進ほか  〔共執〕 金芳堂.1994
「新細胞診のすすめ方」  西 国広ほか 〔共執〕 近代出版.1990
 
「血液形態101(CD-ROM)」  阿南建一ほか 〔監修〕 Sysmex.1998
「形態学からせまる血液疾患」  阿南建一ほか 〔監修〕 近代出版.1999
「血液形態診断2000(CD-ROM)」  阿南建一ほか 〔監修〕 Sysmex.2000
「形態学からせまる血液疾患」  邊大勲、阿南建一  韓国版.2003
「骨髄病理アトラス」  菊池昌弘ほか 〔共執〕 分光堂.2003
「ATLの基礎と臨床」  岡村 純ほか  〔共執〕 厚生労働化学.2003
「血液細胞アトラス(第5版)  三輪史朗ほか 〔共執〕 文光堂.2004
「三輪血液病学(第3版)」  浅野茂隆ほか 〔共執〕  文光堂.2006
「血液腫瘍画像データベース」 九州がんセンター ホームページ.2007
 
「電脳血液形態塾」 ベックマン・コールター ホームページ.2007
 


幼少期
【座右の銘】
“形態は肉眼に優るものなし”

【自慢できること】
「秋期大運動会の閉会の辞」(中学時代)

本日は非常によい天候に恵まれ、父兄の方々には早朝より私どもの演技を ご覧下さり誠にありがとうございました。
また、選手諸君は日ごろ鍛えた演技を十二分に発揮され、
ここに秋期大運動会が無事終了しましたことに厚くお礼申し上げます。

選手代表  阿南 建一


評)親父(武男.86歳没)より文章を作って戴いたものであるが、今もその言葉は脳裏から離れない。 地方公務員で、真面目な親父の性格が災いしてか、決して子供が使う言葉ではないが、 一生懸命覚えたことが昨日のように思いだされます。


【愛用の形態ツール】
仕事人はアナログがお好き!

阿南先生の趣味の世界は、こちら

電脳・血液形態塾
トップへ

 



前のページへページTOPへ

 


ページトップ