HOME > 臨床検査分野 > 免疫検査ソリューション > 免疫検査項目 > 婦人科・性ホルモン AMH(研究用試薬)について

婦人科・性ホルモン AMH(研究用試薬)について

免疫検査項目一覧婦人科・性ホルモン関連検査について

AMHカタログ・資料のダウンロード
はこちらから

アクセス AMHの詳細な製品情報や文献集のPDFファイルをダウンロードしていただけます。

AMHとは

アンチミューラリアンホルモン(anti-Mullerian hormone:抗ミュラー管ホルモン, AMH)は、女性において、原始卵胞から発育する初期の卵胞(前胞状卵胞や小胞状卵胞)の顆粒膜細胞から分泌される、卵胞発育に密接に関連するホルモンで、卵巣に残存する卵子数、すなわち卵巣予備能を反映する指標となる可能性があると考えられています1,2,3,4

AMHと月経周期

女性のAMHの血中濃度は、出生後、思春期前まで低値を示しますが、やがて上昇して思春期にピークを迎え、その後、年齢とともに低下し、閉経期には検出できなくなります5,6。月経周期においては、AMHは他のホルモンの影響を受けず、ほぼ一定の値を示すと報告されています7

最近の研究報告

最近の10年間では、AMHは、不妊の問題を抱える女性における、卵巣刺激に対する応答を予測するための卵巣予備能を評価する際に測定されています8。 研究報告によれば、AMHは生殖年齢の良い指標であることが見出されており、女性各個人の閉経時期を推定しうることが示唆されています9。 さらに、AMHは、多嚢胞性卵巣症候群などとの関連も報告されています10,11

マニュアル測定から自動測定へ

アクセス AMHにより、自動測定装置での測定が可能となりました。
主な特長は以下の通りです。

  • ELISA試薬「 AMH GenU」( 研究用試薬)と同一の抗体を使用し、相関は良好です
  • 低濃度域の感度および再現性の向上により生殖能力評価をサポートします
  • 自動測定により、手間をかけない効率的な運用が可能です
  • 遺伝子組み換えヒトAMHのキャリブレータ採用により、長期間にわたりさらに正確な測定結果が得られます
  • 凍結乾燥品のキャリブレータにより安定性が向上します

AMH Gen UとアクセスAMHとの相関
AMH Gen UとアクセスAMHとの相関

測定感度

アクセス AMH測定の検出限界(limit of detection:LoD)は0.02 ng/mL(0.14 pmol/L)以下、CV20%の定量限界(limit of quantitation:LoQ)は0.08 ng/mL(0.57 pmol/L)以下です。
Access2を用いたCLSI EP17-A2のプロトコルに基づく2つの別々の検討において、アクセスAMHのLoDは0.0049 ng/mL(0.035 pmol/L)、およびLoQは0.010 ng/mL(0.071 pmol/L)という結果が得られています。


ユニセルDxI800システム / ユニセルDxI600システム / Access2イムノアッセイシステム 測定用

アクセス AMH(研究用試薬)

項目名 AMH
測定方法 1ステップサンドイッチ法
測定時間 40分
測定レンジ 0.02 〜 24 ng/mL
検体量/検体種 20 μL / 血清、血漿(H)
キット内容 50テスト×2
開封後の安定性 31日
製品番号・分類 B13127 / 研究用試薬

Access2イムノアッセイシステム

処理速度:100テスト/時
同時分析項目数:24項目
検体架設数:同時60検体

Access2イムノアッセイ


参考文献

  • La Marca A, Broekmans FJ, Volpe A, Fauser BC, Macklon NS, on behalf of the ESHRE Special Interest Group for Reproductive Endocrinology--AMH Round Table. Anti-Mullerian hormone (AMH): what do we still need to know? Hum Reprod. 2009;24(9):2264-75.
  • Broekmans FJ, Visser JA, Laven JS, et al.: Anti-Mullerian hormone and ovarian dysfunction. Trends Endocricol Metab 19(9):340-347,2008.
  • Ledger WL. Clinical utility of measurement of anti-mullerian hormone in reproductive endocrinology. J Clin Endocrinol Metab. 2010;95(12):5144-54.
  • Ficicioglu C, Kutlu T, Baglam E, Bakacak Z. Early follicular antimullerian hormone as an indicator of ovarian reserve Fertil Steril. 2006;85(3):592-6.
  • Rajpert-De Meyts E, Jorgensen N, Graem N, Muller J, Cate RL, Skakkebaek NE. Expression of anti- Mullerian hormone during normal and pathological gonadal development: association with diff erentiation of Sertoli and granulosa cells. J Clin Endocrinol Metab. 1999;84(10):3836-44.
  • Weenen C, Laven JSE, von Bergh ARM, Cranfi eld M, Groome NP, Visser JA, Kramer P, Fauser BCJM, Themmen APN. Anti-Mullerian hormone expression pattern in the human ovary: potential implications for initial and cyclic follicle recruitment. Mol Hum Reprod. 2004;10(2):77-83.
  • La Marca A, Grisendi V, Griesinger G. How much does AMH really vary in normal women. Int J Endocrinol. 2013;2013:959487.
  • Nelson SM, Yates RW, Lyall H, Jamieson M, Traynor I, Gaudoin M, Mitchell P, Ambrose P, Fleming R. Anti-Mullerian hormone-based approach to controlled ovarian stimulation for assisted conception. Hum Reprod. 2009;24 (4) 867-75.
  • Freeman EW, Sammel MD, Lin H, Boorman DW, Gracia CR. Contribution of the rate of change of antimullerian hormone in estimating time to menopause for late reproductive-age women. Fertil Steril. 2012; 98(5):1254-9.
  • Homburg R, Crawford G. The role of AMH in anovulation associated with PCOS:a hypothesis. Hum Reprod. 2014; 29(6):1117-21.
  • Pigny P, Jonard S, Robert Y, Dewailly D. Serum anti-Mullerian hormone as a surrogate for antral follicle count for definition of the polycystic ovary syndrome; J Clin Endocrinol Metab, 2006;91(3):941-45.


アクセスAMHの詳細な製品情報や文献集をカタログ請求フォームよりご請求いただけます。






ページトップ