HOME > 臨床検査分野 > Talk CBC 〜血球計数測定を考えてみませんか〜

Talk CBC 〜血球計数測定を考えてみませんか〜Talk CBC 〜血球計数測定を考えてみませんか〜

W.H Coulterが発明したコールター原理は、血球数と体積情報の自動測定を可能にし、CBC(Complete Blood Count)検査は飛躍的に発展しました。現代のCBC検査は、技術的変遷を経て最も普及したスクリーニング検査としてほとんどの検査室で実施されています。今月から掲載します“Talk CBC”では、CBC検査における技術的変遷をご紹介しますのでもう一度CBC検査を考え語り合って頂ければと思います。

Vol.10

血球計数における精度保証(3)

今回は、血球計数の校正と基準分析法について解説します。
血球計数装置における校正手順をご存じでしょうか。Unicel DxH800 (以下DxH800)の校正手順は以下の通りとなっています。

≫ 続きはこちら

血球計数における精度保証(3)

Vol.9

血球計数における精度保証(2)

今回は、測定後のプロセスと外部精度管理における精度保証(QA)について解説します。
検体測定後のプロセスは、測定結果や検体取り違いなどの確認や測定結果の総合判定などがあり、臨床報告を行う上で、最も 重要なプロセスとなります。

≫ 続きはこちら

血球計数における精度保証(2)

バックナンバー

 

血球計数における精度保証(1)

Vol.8

血球計数における精度保証(1)

2016年10月12日掲載

記事ページへ

赤血球恒数(指数)の見方・考え方

Vol.7

CBCの単位と標準化

2016年7月12日掲載

記事ページへ

赤血球恒数(指数)の見方・考え方

Vol.6

赤血球恒数(指数)の見方・考え方

2016年5月17日掲載

記事ページへ

自動赤血球測定とヒストグラム分析

Vol.5

自動赤血球測定とヒストグラム分析

2016年3月7日掲載

記事ページへ

自動白血球測定とヒストグラム分析

Vol.4

自動白血球測定とヒストグラム分析

2016年2月9日掲載

記事ページへ

自動血小板測定とヒストグラム分析

Vol.3

自動血小板測定とヒストグラム分析

2016年1月12日掲載

記事ページへ

自動血球計数装置の誕生と血液学検査

Vol.2

自動血球計数装置の誕生と血液学検査

2015年11月10日掲載

記事ページへ

血球計数測定とコールター原理

Vol.1

血球計数測定とコールター原理

2015年10月13日掲載

記事ページへ





 

ページトップ