HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン > 第10回 問題と解答

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

第10回 問題と解答

問題

第10回
CASE 1-2 における 1〜11 の細胞同定を行ってください。

各設問の選択細胞
1. 骨髄芽球
5. 桿状核球
9. 好塩基球
2. 前骨髄球
6. 分葉核球
10. 単球
3. 骨髄球
7. 好酸球
11. リンパ球
4. 後骨髄球
8. 幼若好酸球



解説

今回のねらい

今回は好中性顆粒球系と好酸性顆粒球、単球の捉え方に挑戦しました。好中性顆粒球では顆粒の出現 が悪かったり、また、多すぎるほど出現したり、細胞質が二次的変化を起こしやすいことを経験します。従って、 細胞質よりも核所見を優先にして同定することをお薦めします。 好酸性顆粒球では分類の方法としては好 中性と全く同じ要領で同定します。特徴的粗大な好酸性顆粒は幼若型から成熟型につれて紫紅色から青紫 色そして橙赤色(サクランボ)へと変化するようです。青紫色の時代を骨髄標本で遭遇することがありますが、 主要塩基性蛋白(MBP)の前駆体によるものとされ、未熟型にみられるようです。骨髄の単球は末梢血に比 べると骨髄成分によって委縮してみえることがありますが、単球が有する核網と核形不整の特徴がポイントに なります

(問題)
CASE 1-2における 1〜11の細胞同定を行ってください。

(各設問の選択細胞)
1.骨髄芽球 2.前骨髄球 3.骨髄球 4.後骨髄球 5.桿状核球 6.分葉核球 
7.好酸球 8.幼若好酸球 9.好塩基球 10.単球 11.リンパ球

 

  • Case1(BM-MG1000)
    case1
  • (正解と解説)
    【正解】 1.桿状核球 2.前骨髄球 3.骨髄球
               4.骨髄球 5.骨髄球
    【解説】 
    好中性顆粒球の成熟段階がみられますが、細胞の大きさからみると2.が最も大きく、以降3.4.5.1が同大のようです。2.は核偏在で好塩基性の細胞質がみられることより前骨髄球かと思われます。次に核形からみると3.4.5は類似の核形を呈し、1.は核に大きな陥没があり、棒状で桿状核球と思われます。3.4は円形核から骨髄球と思われ、5.は僅かに陥没がみられますがほぼ円形であることより骨髄球に同定しました。顆粒球系では顆粒は二次的変化(低・豊富)が起こりやすいため核所見を優先に考えて同定した方がよいかも知れません。

 

 

  • Case1(BM-MG1000)
    case1
  • (正解と解説)
    【選択細胞】  6.単球 7.単球 8.好酸球
    9.リンパ球 10.幼若好酸球 11.幼若好酸球
    【解説】 
    骨髄内の単球は末梢血に比べ、形態所見が掴めにくいことがあり、同定に苦慮する時がありますが本例の 6.7.は核形不整と核網の繊細さがみられますので単球に同定しやすい方だと思います。
    次に好酸球ですが粗大な好酸性の顆粒は幼若型ほど紫紅色を呈し、成熟するにしたがい橙赤色(サクランボ)を呈します。10.11.は細胞も大きく幼若型であり、8はそれより小さく成熟型と思われます。詳しく見れば、10.は好酸性骨髄球、11.は好酸性後骨髄球になりますが、一括して幼若好酸球としました。9.は小型でN-C比が高いことよりリンパ球と同定しました。

 



メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫

形態マガジンTOPへ戻る



 

ページトップ