HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン > 第19回 問題と解答

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

第19回 問題と解答

問題

第19回
CASE 1 〜 4の細胞像を確認頂き、1 〜 7の細胞同定を行ってください。

各設問の選択細胞
1. マクロファージ
5. 形質細胞
2. 細網細胞
6. リンパ球
3. 組織球
7. 組織好酸球
4. 幼若好酸球
8. 組織好塩基球




解説

  • (BM-MG×1000)Case1
    case1
  • (正解と解説)
    【正解】 1. 細網細胞
    【解説】 
    この細胞は、大型な細胞で細胞質は溶出を思わせる不明瞭であることから、血液細胞は除外できるようです。核は円形で核網は繊細であることより、細網細胞が考えられ、同定しました。形は円形でリンパ球に似ているので、リンパ球様の細網細胞とみてもよいかもしれません。
    【正解】 2. リンパ球
    【解説】 
    この細胞は、大きさ14μmで、N/C比は低く、核は偏在傾向にあり、核網は粗鋼のことから、リンパ球を思わせます。細胞質の好塩基性がみられないことから、形質細胞は否定し、成熟リンパ球と同定しました。
    【正解】 3. マクロファージ
    【解説】 
    この細胞も大型な細胞で、1.と同じく細胞質が不明瞭なため、血液細胞を除外できるようです。核は類円形で繊細で、何よりも広い細胞質には異物を貪食した様がみられることより、マクロファージと同定しました。



  • (BM-MG×1000)Case2
    case2
  • (正解と解説)
    【正解】 4. 組織好塩基球
    【解説】 
    この細胞は大きさが18μmで、細胞質は黒紫色の大型顆粒が充満し、核らしきものが10時方向にみられます。顆粒の色調は好塩基球の名残りを有し、細胞質の豊富さから、好塩基球が組織に移行した姿が伺えられ、組織好塩基球(肥満細胞、マスト細胞)と同定しました。
    【正解】 5. 形質細胞
    【解説】 
    この細胞の大きさは20μm大で、豊富な細胞質に小型な核が偏在してみられます。1.と類似しますが、細胞質には顆粒はみられず、核周明庭がみられ、空胞も見られることから形質細胞に同定しました。細胞質の赤色は、グロブリン産生の強さが伺えます。



  • (BM-MG×1000)Case3
    case2
  • (正解と解説)
    【正解】 6. 組織球
    【解説】 
    この細胞の大きさは、18μm大で、核は偏在し、豊富な細胞質は好塩基性で、中央には赤血球らしきものの貪食がうかがえます。組織球と同定しましたが、貪食したようであれば、血球貪食細胞になります。



  • (BM-MG×1000)Case4
    case2
  • (正解と解説)
    【正解】 7. 組織好酸球
    【解説】 
    この細胞の大きさは25μm大で、豊富な細胞質は不規則性で、しかも好酸性顆粒を有することから組織好酸球と同定しました。血液細胞とすれば幼若好酸球になりますが、通常、このような大型のものは存在せず、何よりも細胞質の不明瞭が合致しません。通常、この名称は使われませんが、組織好塩基球があるように組織好酸球があってもおかしくないと思います。



メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫

形態マガジンTOPへ戻る



ページトップ