HOME > 血液検査コーナー > マンスリー形態マガジン > 第46回 問題と解答

「ネットで形態」 マンスリー形態マガジン

問題

第46回
問題 1
骨髄の細胞同定をリストより選んで下さい。

BM-MG×1000

選択細胞
@ 骨髄芽球 A 前骨髄球 B 骨髄球  C 後骨髄球 
D 桿状核球 E 分葉核球 F 好酸球 G リンパ球
H 単球 I 赤芽球 



問題 2
特殊染色より予測される形態診断 をA〜Dそれぞれに行なって下さい。

  • 拡大
  • EST二重-BM×400
  • 拡大
  • PO-BM×400
  • 拡大
  • PAS-BM×600
  • 拡大
  • PO-BM×1000

選択細胞
@ AML-M0 A AML-M1 B AML-M3 C AML-M4
D ALL E M4とM3  F ALLとM0  



今回のねらい

今回は骨髄の細胞同定と特殊染色に挑戦します。
骨髄では顆粒球系細胞の分化過程を提示します。これらについては、すでに何回も挑戦していますが、骨髄の構成細胞として不可欠な細胞でありますので今回も提示してみました。健常成人の骨髄における顆粒球系と赤芽球系の比率はほぼ3:1とされ、主たる造血細胞の構成を知る上で重要な評価になります。
特殊染色は、各種白血病に有効な細胞化学染色をピックアップしてみました。これらの陽性所見は特徴的なものもあり、その陽性態度にも着眼することが重要です。

 




解説

問題 1

(正解と解説)

【正解】

(CASE A) 1-G.リンパ球、2-D.桿状核球、3-H.単球、-I.赤芽球、5-F.好酸球、6-E.分葉核球、
7-G.リンパ球、8-C.後骨髄球

(CASE B) 1-F.好酸球、2-D.桿状核球、3-D.桿状核球4-B.骨髄球、5-D.桿状核球、6-E.分葉核球
7-G.リンパ球

【解説】

(PB-MG ×1000)
(CASE A)
骨髄の強制乾燥標本による細胞の大きさ、核形、核網工、細胞質の所見から類似細胞を探し同定しましょう。1.と7.は細胞径10μm大の小型でN/C比が高く、核網工が粗剛よりリンパ球に同定しました。次に、2.と6.と8.は好中性顆粒球です。8.が後骨髄球で2.は桿状核球、6.は分葉核球に同定しました。
後骨髄球と桿状核球の鑑別は、前者は短径が長径の1/3以上で、後者はその1/3未満になります(小宮法.1988)。分葉核球は核の最小幅が最大幅の1/3未満(日臨技勧告法.1996)になります。3.は細胞径18μm大で最も大きく、核形不整と核網工は繊細で淡青色の細胞質には空胞とコブ状の突起を有することより単球に同定しました。
5.は細胞質に好酸性の顆粒を有することより(幼若)好酸球に同定しました。4.は細胞質の7時方向に僅かに多染性の色調を有し、核はクロマチンの結節を有することより(多染性)赤芽球に同定しました。
(PB-MG ×1000)
(CASE B)
CaseAの解説を参考にしますと上記のように同定しました。
4.は一見、前骨髄球に類似していますが、2.の桿状核球より少し大きい位です。
核は偏在傾向にありますが、核は小さく、細胞質は好酸性で細かい二次顆粒の出現がみられることより骨髄球に同定しました。2.と3.と5.は桿状核球、6.は分葉核球に同定しました。
3.については後骨髄球にみえますが、桿状核が折れ曲がっているものと予測しました。
1.は細胞径18μm大で最も大きく、好酸性の粗大顆粒は幼若好酸球を思わせます。7.は細胞径10μm大の(小)リンパ球に同定しました。


問題 2

(正解と解説)
骨髄のエステラーゼ二重染色、ペルオキシダーゼ染色、PAS染色おける染色態度より予測される形態診断を行なってみましょう。PAS染色は前回にも登場しました。

【正解】

(CASE A) E.M4とM3、(CASE B) F.ALLとM0、(CASE C) D.ALL、(CASE D) A.AML-M1

【解説】

(EST二重-BM×400)
(CASE A)
エステラーゼ(EST)二重染色です。ブチレートEST染色に陽性の単球とクロロアセテートEST陽性の顆粒球が散在性にみられ、顆粒球系と単球系の混在がうかがえます。従って、CAML-M4が第一選択になりますが、このような陽性像はまれにAML-M3でも遭遇することがありますのでM4とM3を正解にしました。
(PO-BM×400)
(CASE B)
ペルオキシダーゼ(PO)染色です。PO陽性の4個は好中球と思われ対象になりますが、それに比べ周囲の増加する芽球は大半がPO染色に陰性のようです。形態的にはリンパ球系を疑いますが、PO陰性のAMLではM0を考慮すべきと思われ、ALLとM0を正解にしました。
(PAS-BM×600)
(CASE C)
PAS染色です。増加する芽球の狭い細胞質や核の上にPAS染色に点状陽性がみられます。
この陽性態度はリンパ芽球を強く支持するものになります。これは自家製法で染色したものですが、赤色の終末反応に対してギル・ヘマトキシリン核染色の後に飽和炭酸リチウムで処理することにより対比染色となり鮮やかさを増します。
(PO-BM×1000)
(CASE D)
B.と同様のPO染色です。骨髄は芽球の増加がうかがえ未分化型のAMLが予測されます。
増加する芽球の豊富な細胞質にはPO染色陽性が弱〜強度にみられることよりAML-M1を正解にしました。



メルマガ登録すれば、毎月お手元に届きます

メルマガ登録はこちらから≫

形態マガジンTOPへ戻る



ページトップ