第119回「マンスリー形態マガジン」2021年3月号

『 麒麟を夢見た二つの涙 』

 戦国武将、明智十兵衛光秀(光秀)の生涯を描いたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、2月7日(日)の放送をもってフィナーレを迎えました。最終回は、このドラマのクライマックスでもある「本能寺の変」で、どのような結末が描かれているのかが知りたくてBS放送、地上波放送とついつい二度見をしてしまいました。ここで言われる“麒麟”とは、私たちが動物園などで接するキリンではなく、  戦のない泰平な世に現れる伝説の動物であり、その外見は、国内ビールメーカーのラベルにも描かれております。

 さて、ドラマの最終回ですが、光秀の謀反と知った織田信長(信長)は、涙を浮かべ安堵した表情で“是非もなし”と言い、屋敷に火を放ち、自刃します。一方、本能寺の門前で様子をうかがっていた光秀は、若かりし頃の信長との出会いや家臣となった光秀と信長が目指す平らな世の語らいなどを回想しながら涙していました。この「本能寺の変」は、信長の家臣であった光秀が、京都本能寺で天下人信長に謀反を起こした日本史上最大のクーデターでその真相は現在も謎とされています。さまざまな諸説があり、光秀の野望説、信長に対する怨恨説や時の朝廷の黒幕説など未だ解明されておりません。このドラマでは、これまでの諸説ではなく、光秀は信長を討つことで各地で起こっている戦をなくし、一日も早い泰平な世を築くために立ち上がったとされていました。その後の光秀は、羽柴秀吉(秀吉:豊臣秀吉)との“山崎の戦い”に破れて落ち延びる中、落ち武者狩りに遭い最期を迎えたとされていますが、ドラマでは丹後の国(現在の京都府北部)で生き延びた光秀の姿が描かれていました。戦乱の時代を生き抜いた二人の武将は、結局麒麟を見ることはできませんでしたが、本能寺の変から約20年後に江戸幕府が誕生して彼らが待ち望んだ泰平の世が訪れました。

 先日、非常事態宣言が解除されましたが、国内での新型コロナ感染者は45万人を超え、死亡者数は8,900名を数えています(3.24.2021 厚労省HP)。未だにこの終息を見通せない状況が続いており、我々の穏やか日常には程遠い毎日ですが、泰平の世に現れるとされる麒麟を待ちわびながら、私自身も暫くは頑張りたいと思います。

国内で最初に咲く沖縄の寒緋桜(かんひざくら)です。今年の春も我が友を弔うかのように見事に咲き誇っていました。
今年はコロナ渦の中、墓前に行くことがかないませんので、わざわざ春の便りを届けてくださいました。
(撮影:津崎律子さん.本部町八重岳.2021.2.6)

                                                  

形態マガジン号キャプテン 阿南 建一


MAPSS-DX-202103-34


著作権について

問題

問題1

1-1<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-2<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-3<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-4<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

問題2

2-1この症例の形態所見から考えられる疾患は何でしょうか。 また、鑑別する疾患とそのポイントも考えてください。

【1歳代.男児】  肝脾腫大、リンパ節腫大、顔貌異常なし 
WBC 4,200/μL、RBC 345万/μL、Hb 8.0g/dL、Ht 25.2%、PLT 5.3万/μL、BM-NCC 1.0万/μL

  • BM-MG.400

  • BM-MG.600

  • BM-MG.1000

  • BM-PO.1000

  • BM-PAS.1000

  • BM-ACP.1000

今回のねらい

 今回の細胞編は、骨髄像における顆粒球系および赤芽球系細胞を中心に出題しました。細胞の大きさ、核質の構造、細胞質の色調などの所見を重視して同定を行ってみてください。
 症例編は、乳児期を終えた幼児にみられた稀な症例です。骨髄の特徴ある細胞が診断づけるようですので見落とさないことが重要です。光顕的所見と僅かな検査所見を参考にして、形態診断を行ってください。また、形態診断に不可欠な検査所見や鑑別疾患についても考えてみてください。

これから先のページでは、医療関係者の方々を対象に医療機器・体外診断薬等の製品に関する情報を提供しております。当社製品を適正に使用していただくことを目的としており、一部の情報では専門的な用語を使用しております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

医療関係者の方は、次のページへお進みください。
(お手数ですが、「進む」ボタンのクリックをお願いします)