第121回「マンスリー形態マガジン」2021年5月号

『旅立ちの春、思いを繋いで』

 東日本大震災から10年、今年も被災地に春が訪れました。宮城県名取市北釜地区の小高い丘に下増田神社(しもますだじんじゃ)がありますが、大津波に襲われ鳥居や拝殿、社務所は流失し、本殿は海水に浸かりながらも奇跡的に残り、復興を見守る「奇跡の社」として話題になりました。

 震災の4か月後、私は商用で仙台を訪れ、社に献花したことが昨日のことのように思い出されます。先日届いた知人からの便りによれば、その一角にある2mほどの桜の木が美しく咲き誇っているそうです。

 さて、このコラムでは、これまで震災で親を亡くされた震災孤児を取り上げましたが、今回は、新聞社が震災から取材を続けている岩手県在住の男の子(当時8歳)について紹介させていただきます。春は、若人にとって旅立ちの時、18歳を迎えた男の子は今年の春に東京の大学へ進学することが伝えられました(2021.3.11 朝刊)。

 男の子は津波で母、弟、妹の3人の家族を亡くしました。何事にも臆さない負けず嫌いの弟、しっかり者で人付き合いが上手な妹、料理が得意で読書の楽しさを教えてくれた母。一緒に暮し楽しかった家族がいない、父と二人だけの生活が始まりましたが、父は仕事を休んで行方不明になった家族の捜索を続け、男の子とはすれ違いが生じていきました。

 少年時代から野球を続けてきた父の勧めもあり、男の子も小学校3年から野球を始めました。小、中、高と野球部に所属し、甲子園を目指していましたが、進学した強豪校での生活に馴染めず、中学時代の仲間が誘ってくれた地元の高校に転入しました。2年の夏の岩手県大会では、助っ人を加えた部員10人で臨み、男の子は「4番一塁」で出場しました。3安打6打点の活躍もあり4年ぶりに一回戦を突破し、父子は野球を通じて離れていた心が少しずつ近づいていきました。

 この春、青年に成長した男の子は、東京の大学に進学しました。高校で研究した防災について学ばれるようですが、もちろん大好きな野球も続けていきます。男の子は、亡くなった家族に「3人とは一緒にいる。俺は大丈夫だよ」と心の中で繋がりながら、今、旅立ちます。


  • 大津波に襲われ奇跡的に残った下増田神社(しもますだじんしゃ)の本殿は「奇跡の社」として話題になりました。(宮城県名取市北釜地区)


  • 本殿の一角に2mほどの桜の木が「社の守人」また復興のシンボルとして咲き誇っています。
    (撮影.みちのく旅人.2021.4.6)

形態マガジン号キャプテン 阿南 建一


MAPSS-DX-202105-45


著作権について

今回のねらい

 今回の細胞編は、骨髄像において鑑別を要する細胞を出題しました。核質の構造、細胞質の色調・顆粒などの所見をじっくり観察してみてください。
 症例編は、高齢の方で、末梢血、骨髄標本のMG染色、Fe染色、PAS染色を提示しています。形態的所見に僅かなヒントがあるようですので細胞化学染色も参考に診断づけてください。また、形態診断に不可欠な検査所見や鑑別疾患についても考えてみてください。

問題

問題1

1-1<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-2<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-3<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-4<設問> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

問題2

2-1この症例の形態所見から考えられる疾患は何でしょうか。 また、鑑別する疾患とそのポイントも考えてください。

【高齢】 全身倦怠感、肝脾腫(-)、リンパ節腫(-)、出血斑(+)、WBC 4,100/μL(Blast +)、RBC 310万/μL、Hb 7.4g/dL、Ht 24.4%、PLT 8.6万/μL、BM-NCC 24.2.万/μL

  • PB-MG.1000

  • BM-MG.400

  • BM-MG.1000

  • BM-Fe.1000

  • PAS.1000

これから先のページでは、医療関係者の方々を対象に医療機器・体外診断薬等の製品に関する情報を提供しております。当社製品を適正に使用していただくことを目的としており、一部の情報では専門的な用語を使用しております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

医療関係者の方は、次のページへお進みください。
(お手数ですが、「進む」ボタンのクリックをお願いします)