第132回「マンスリー形態マガジン」2022年4月号

『日本のおいしいかたち、“ひよ子物語”』

 みなさま、愛くるしい姿となめらかでやさしい甘さの黄味餡たっぷりの銘菓「ひよ子」をご存知でしょうか。この「ひよ」は、東京駅や羽田空港などのターミナル駅で購入することができ、また、関東地区の百貨店や量販店の店舗でも見かけることができる、東京のお土産としても有名なお菓子です。他方、この銘菓「ひよ子」のふるさとは、福岡県中央に位置する飯塚(いいづか)市の吉野堂が発祥ですが、九州の方以外ではあまりご存知ないようです。筑豊飯塚市は、昔からお菓子づくりが盛んに行われ、明治初期から炭坑で栄えたところ、炭坑で働く人たちに甘いものが好まれたことも要因と思われます。

 明治30年、飯塚で初代店主・石坂直吉が菓子舗「吉野堂」を開業しました。屋号の「吉野堂」は、福岡から飯塚に抜ける八木山に咲く「染井吉野」に由来したものだそうです。二代目店主・石坂茂は、従来の丸い形ではない、もっと愛される饅頭をといつも考えていましたが、ある日夢の中に現れたひよ子がヒントとなり、その形づくりに没頭します。試行錯誤の末、独特の木型とともに、愛らしい形の饅頭「ひよ子」が誕生しました。「ひよ子」は、その温もりのある可愛い姿で発売当時より街の評判になり、炭坑で働く人たちだけではなく、商取引の手土産などにも活用され、広がっていきました。

 その後、「吉野堂」は、昭和33年2月、天神にお店をオープンしました。「ひよ子」は焼き上がるそばからお客様の手に渡っていき、あの愛くるしい姿と香ばしさ、たまごの黄味がたっぷりのお菓子として、博多、福岡の人気者になっていったそうです。昭和39年、東京オリンピックが開催され、東海道新幹線の開通など高度成長期の時代となり、九州の銘菓を、東京のお客様にお届けするために、埼玉の草加市に工場を建設しました。昭和41年、東京駅の八重洲口に直営店をオープンし、有名百貨店や鉄道弘済会(キヨスク)など「ひよ子」の輪は広がっていきました。「ひよ子」は、東京をはじめ全国で親しまれる「名菓」となりましたが、博多の「ひよ子」には、パッケージに博多「ひよ子」と記載され、九州生まれの心のあたたかさを伝えているそうです。

 さて、先日民放のテレビ番組で「ひよ子」饅頭の食べ方の調査がありました。「ひよ子」のあたま、おしり、おなかのどこから食べるかによって性格が判るそうです。調査の結果、“あたま”が58%、“おしり”が30%、“おなか”が12%となりましたが、“あたま”から食べる人は楽天家で明るく、前向きで行動力があるそうです。“おしり”から食べる人は用心深く慎重派でロマンチストだそうです。そして“おなか”から食べる人は何事にも積極的で腹を割ってお付き合いができる人だそうです。ちなみに私は愛らしい“あたま”から食するのは可哀いそうで“おしり”から食べていますが、結局全部を美味しくいただいております。みなさまはどこから召し上がりますか、日本のおいしいかたち、「ひよ子」物語をお届けいたしました。

 


      • 愛くるしい姿となめらかな黄味餡(きみあん)
        たっぷりのひよ子


      • 頭から、お腹から、お尻から、
        貴方はどちらから食しますか? 


      • 福岡県飯塚(いいづか)が発祥の銘菓「ひよ子」、
        福岡では“博多”が記載されています
        (阿南.2022.2.20.撮影)

 形態マガジン号キャプテン 阿南 建一


MAPSS-DX-202204-34


著作権について

今回のねらい

今回の細胞編は、骨髄像において鑑別を要する細胞を出題しました。周囲の細胞と比較しながら同定してみてください。
症例編は、乳児例で末梢血、骨髄標本のMG染色、PO染色、EST二重染色を提示しています。特殊染色に不可解な状況がみられますが、どのように理解されますか?

問題

問題1

1-1<設問1> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-2<設問2> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-3<設問3> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

1-4<設問4> 骨髄の細胞同定を行ってください。

  • BM-MG.1000

問題2

2-1この症例の形態所見から考えられる疾患は何でしょうか。 また、鑑別する疾患とそのポイントも考えてください。

【乳児】 発熱、出血を主訴に来院し、汎血球減少が指摘されました。
WBC 2,900/μL(blast 0%)、RBC 248万/μL、Hb4.9g/dL、Ht 23.2%、PLT9.2万/μL、BM-NCC1 8.5万/μL

  • PB-MG.1000

  • BM-MG.1000

  • BM-PO.1000

  • BM-EST二重.600

解答・解説

問題 1

今回も骨髄における類似細胞を提示しましたのでご検討ください。

【正答】

A-1.分葉核球、2.好塩基球 
B-1.形質細胞、2.桿状核球、3.分葉核球
C-1. 前骨髄球、2.骨髄芽球
D-1.前赤芽球、2.多染性赤芽球

【解説】

A-1.細胞径13μm大、核は分葉しクロマチン網工は粗大粗剛で結節状、細胞質は橙褐色の色調から分葉核球と思われ、二次顆粒はやや多いようです。
2.細胞径14μm大、核は歪な分葉を呈しクロマチン網工は不鮮明、通常なら紫褐色の粗大顆粒が核の上にも分散するところ、水溶性の性質から染色の過程で顆粒が抜けた好塩基球と思われます。

B-1.細胞径15μm大、核は円形で偏在傾向でクロマチン網工は凝集塊状、好塩基性の細胞質はやや  豊富で一部に明色域がみられ形質細胞と思われます。
2.細胞径13μm大、核は桿状様でクロマチン網工は粗大粗剛(一部、結節状)のことから桿状核球と思われます。
3.細胞径13μm大、核は分葉傾向でクロマチン網工は粗大粗剛で結節状を認めることから分葉核球と思われます。

C-1.細胞径18μm大、核は類円形で偏在傾向でクロマチン網工は粗大顆粒状、細胞質は好塩基性が弱くゴルジ体や一次顆粒を思わせる粗大顆粒を有することから前骨髄球と思われます。
2.細胞径16μm大、核は円形でクロマチン網工は繊細、一部に核小体を有し、細胞質は辺縁に好塩基性がみられることから骨髄芽球と思われます。

D-1.細胞径22μm大、核はほぼ円形でやや偏在性、クロマチン網工は繊細顆粒状で核小体は不明瞭、細胞質の好塩基性は強度で顆粒は認めず舌状(矢印)の突起がみられることから前赤芽球と思われます。
2.細胞径11μm大、核は円形でクロマチン網工は粗剛、一部に凝集塊がみられ、細胞質は青紫~紫色の多染性の色調から多染性赤芽球と思われます。



問題 2

この症例の形態所見から考えられる疾患は何でしょうか。また、鑑別する疾患とそのポイントも考えてください。

【乳児】発熱、出血を主訴に来院し、汎血球減少が指摘された。 
WBC 2,900/μL(blast 0%)、RBC 248万/μL、Hb 4.9g/dL、Ht 23.2%、PLT 9.2万/μL、BM-NCC 18.5万/μL

乳児の患者さんで、発熱、歯肉出血を主訴に来院。汎血球減少を指摘され骨髄穿刺が施行されました。

【解説】

  • PB-MG.1000
  • BM-MG.1000
  • BM-PO.1000
  • BM-EST二重.600

A.[末梢血-MG] 白血球減少(2,900/μL)における白血球分類では芽球は0%でしたが、全視野を探索しますと芽球様(左)を数個認めました。芽球様は対照とした異型リンパ球(右)と同大ですが、類円形核のクロマチン網工はやや繊細で中央に明瞭な核小体(矢印)を認めました。
B.[骨髄-MG] 骨髄は正形成(18.5万/μL)ながら芽球を93.0%認めました。それらは、大型でクロマチン網工は繊細で明瞭な核小体を認め、細胞質は豊富で単芽球を思わせるものでした。
C.[骨髄-PO] 単芽球様はPO染色に15%の陽性を認めました(矢印)。
D.[骨髄-EST二重] 単芽球様はブチレートEST染色に陽性でNaFに阻害されました。


【臨床診断】

骨髄の芽球様細胞は光顕的に単芽球を思わせたことから急性単芽球性白血病(低分化型;M5a)を疑い、末梢血に僅かに出現した芽球も単芽球が考えられました。ただ、単芽球はPO染色に陰性とされますので本例の陽性とは合致しません。単球系細胞では、前単球からPO反応がみられるとされますので本例は例外的かも知れません。臨床所見(歯肉出血)や芽球の形態所見、ならびにブチレートEST陽性がNaFで阻害されたことから単球系には間違いないと思われます。結局、単球系の分化抗原(CD14,CD11b,CD11c,CD64,CD68,リゾチーム)の発現を認めたことから、乳児白血病としてAML-M5aと診断されました(遺伝子情報は不明です)。

経験からAML-M5aはM5b(分化型)に比べ、白血球は減少傾向で芽球が末梢血に出現することは少なく、非白血性のパターンが多いようです。また、単球系は髄外腫瘤形成や皮膚、歯肉への浸潤、中枢神経への浸潤が高頻度にみられるようです。小児白血病の始まりは胎生期にさかのぼり、乳児白血病では特有なMLL融合遺伝子の頻度が極めて高く(河敬世先生:三輪血液病学.2006)、それは乳児ALLに多くみられMLL変異を持つタイプは予後が悪いともいわれます(横山明彦先生ほか:米国科学誌.2007)。

これから先のページでは、医療関係者の方々を対象に医療機器・体外診断薬等の製品に関する情報を提供しております。当社製品を適正に使用していただくことを目的としており、一部の情報では専門的な用語を使用しております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

医療関係者の方は、次のページへお進みください。
(お手数ですが、「進む」ボタンのクリックをお願いします)