風疹抗体

風疹(ルベラ)抗体検査

日本で風疹が流行する要因と問題

風疹は、ワクチンの予防接種により安全に感染を防げますが、日本は、1979年~1987年10月1日までに生まれた男女に対して風疹ワクチンの接種が充分に行われなかったことや、それ以前は女子のみだったこともあり(下図)、現在 20~40歳台の特に男性の感染が多くなっています。先進諸外国に比べて日本は、風疹予防に対する準備が不十分であると、海外からは評価されています。

妊婦が妊娠初期に風疹に初感染すると高い確率で、胎児が白内障や、心疾患などを患う先天性風疹症候群(CRS)になります。

風疹抗体検査と予防接種

イメージ画像

予防接種を受けても、経年により風疹に対する抗体価が下がる人も居ます。また接種の記憶が曖昧な人も多くいます。この場合、抗体検査により自身が風疹に対する充分な抗体をもっているか知ることができます。妊婦の方はもちろん、医療機関の従事者や、家族や周囲に妊婦がいない人も、検査により風疹に対する準備と対応が可能になります。

UniCel DxI800/600 ・ Access2 測定用
風疹抗体検査測定試薬 「アクセス ルベラIgG」、「アクセス ルベラIgM」試薬キット

項目 ルベラ IgG ルベラ IgM
検体種/検体量 血清/ 20μL 血清/ 20μL
測定時間 35分 75分
測定レンジ 10 ~ 500 IU/mL 0 ~ 60 AU/mL ※AU=Arbitrary Unit
カットオフ値 10 IU/mL未満 :陰性
10 ~15 IU/mL未満:判定保留
10 AU/mL未満 :陰性
10 ~15 AU/mL未満:判定保留
測定方法 2ステップサンドイッチ法 2ステップサンドイッチ法
開封後の試薬安定性 28日間 28日間
内容 50テスト×2 50テスト×2
貯法 2~10℃ 2~10℃

※ 本ページに掲載されている情報は、医療関係者の方々を対象にしたものです。

カタログ資料請求(Webフォーム)
お問い合わせ(Webフォーム)
お問い合わせ(電話)



これから先のページでは、医療関係者の方々を対象に医療機器・体外診断薬等の製品に関する情報を提供しております。当社製品を適正に使用していただくことを目的としており、一部の情報では専門的な用語を使用しております。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

医療関係者の方は、次のページへお進みください。
(お手数ですが、「進む」ボタンのクリックをお願いします)